スキンケア

日焼け後のケア!すぐのスキンケアで「シミ・シワ」を防止する

hiyake

日焼け対策を万全にしていたはずなのに

ウッカリ「日焼けしてしまった!!」

「顔がほてって痛い(´;ω;`)」

なんてことありませんか?

日焼けをしてしまったら

その日のうちにケアしてあげることが大事です。

顔を冷やす

紫外線を浴びてほてってしまった肌は

肌がやけどをしてしまっている状態です。

 

まずは、肌の炎症をおさえるために冷やすことが大事です。

 

冷たい水で顔を洗ったり

ペットボトルにお水を入れて冷やしてあげましょう!

 

保冷剤などをタオルでくるんで

冷やしてあげることも効果的です。

koori

保湿をしっかりしてあげましょう

日焼けした後は、肌が弱ってしまい

とても乾燥しやすい状態になっています。

 

刺激の少ない化粧水をたっぷりとつけましょう!

コットンなどをつかって「コットンパック」をするのもおすすめです。

 

「美容液たっぷりのシートマスク」を使いたいところですが

まだガマンしてください。

日焼けして、肌がほてっているときは

刺激が少ないものを!

念入りなパッテングも、弱っている肌を傷つけやすいので

やめておきましょう!

美容液はまだガマン

日焼けしてしまったら、

すぐに【美白成分などの美容成分ががたくさん入ったもの】

を使いたくなりますよね!

でもちょっとまってください!!

 

肌は今、とってもデリケートな状態なんです。

いきなり弱っているところに

刺激の強いものを入れてしまうと

かえって肌トラブルになりかねません。

 

美容成分のたっぷりはいったものは

肌のほてりや炎症がおさまってからにしましょう!

保湿のあとはちゃんとふたをする

刺激の少ない化粧水でしっかりと水分をあたえたあとは

水分がにげないように

乳液やクリームでふたをしましょう!

日焼けした肌は、乾燥しやすくなっているので

乳液やクリームを塗らないと水分がにげてしまう可能性があります。

そして乳液やクリームも刺激が少ないものを選んだほうがおすすめです。

母子手帳副読本に掲載されている保湿>>>

肌が敏感な赤ちゃんにもおすすめの保湿【ファムズベビー】

身体の内側から

食事やサプリなどで

身体の内側から栄養を補給してあげることも重要になります。

日焼けしたお肌にはたんぱく質や亜鉛・ビタミンなどを
積極的にとることをおすすめします。

 

yasai

たんぱく質

たんぱく質は主に肌を形成する材料になるといわれています。

お肉やお魚・たまごや大豆製品などに含まれます。

良質なものをとるように心がけたいものです。

亜鉛

亜鉛には主に新陳代謝を促してくれる働きがあるといわれています。

そしてたんぱく質の合成などにも必要といわれているミネラルになります。

大豆製品やレバー・チーズ・ごまなどがに含まれていて

他にはナッツ類や牡蠣などにも多く含まれているといわれています。

ビタミン

ビタミンは肌にいいというのは

よく聞くとは思います。

ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCとそれぞれ肌にとってよいのですが

日焼けした後のお肌には特にビタミンCは摂取したいものです

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要とされているほかに

シミを防いでくれるともいわれています。

みかんなどのかんきつ類やアセロラなどのほかにも
緑黄色野菜にも含まれています。

サプリの活用

食事で栄養を取ることが一番ですが

難しいかたはサプリなどを活用するといいと思います。

 美容医療の医師が監修した日本製「日焼け対策サプリメント」