日焼け

目から入る紫外線を守る「サングラスの選び方」

サングラス

目の日焼けは肌の日焼けのように、
目で見てもわかりません。

そのため、肌の紫外線対策に比べて
目を紫外線から守るということを
していないという人が多いと思います。

紫外線が目に及ぼす影響として考えられるのは
「視力の低下」・「白内障」・「翼状片」・「瞼裂斑」などが
あります。

>>>紫外線が目に及ぼす影響と病気とは?

このほかにも、目から入る紫外線によって
シミやしわ・そばかすなど
肌に影響も受けます。

肌の日焼け対策はバッチリしたのに
なんで「シミ」が増えてるの???

なんてことに、ならないように
目のケアもしっかり
したいものです。

目を紫外線から守る方法としては
身近なもので「サングラス」を使用するということがあります。

ちなみにオゾン層の破壊が懸念されている「オーストラリア」では
小学生のサングラスの着用が義務づけられていることろもあるようです。

近年、温暖化もすすみオゾン層の破壊の問題もあります。

昔に比べて、紫外線も強くなっているので
きちんとしたケアや防止をしたいものです。

子供への影響

実はこどもの目は大人よりも影響を受けやすいと言われています。

日本では、子供がサングラスをかけるのは
あまり馴染みのないことですが、
学校ではなかなか厳しいかもしれませんが

休日の日差しの多い日の外出時などは予防したほうがよさそうです。

サングラスの色

紫外線予防に最適なサングラスと聞くと

どういうものを想像しますか?

一般的に勘違いが多いものとして

「サングラスのレンズの色が濃い方が紫外線をよりカットしてくれる」

と思っている人が多いようです。

これは、間違いでサングラスの色と

紫外線をカットする値は比例しません。

逆にいうと最近では、眼鏡のようにレンズが透明なものでも

紫外線をカットしてくれるものもたくさんあります。

ちなみに・・・

目は明るいところでは

瞳孔が小さくなり光を取り込む量を調節し

暗いところでは

瞳孔が開き光の調節をおこなっているようです。

もし、紫外線カット機能がない濃い色のサングラスをしてしまうと
瞳孔が開いた状態になり

逆に多くの紫外線を取り入れてしまう可能性もあるということです。

紫外線カットの数値

では、実際に紫外線をどのくらいカットしてくれるものなのか

なにを基準にしたらいいものでしょうか?

紫外線カットのサングラスには

「紫外線透過率」という数字

表示されています。

その数値をもとに、

サングラス選びに

活用したほうがよいです。

「紫外線大幅カット!!」という宣伝文句だけに惑わされることなく

数値の方も、ちゃんとチェックしましょうね!

紫外線透過率とはなに?

「紫外線透過率」というのは紫外線をどれだけ透過するか

という意味の数字になるので、

数字が低いほど紫外線を防止することに

優れているということになります。

例えば、「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、

紫外線を99%以上カットしてくれると考えられます。

逆にいうと「紫外線大幅カット!!」という宣伝文句があったとしても

「紫外線透過率」が高ければ、

紫外線カットは思ったよりも望めないこともありますのでご注意を!!


サングラスは自分にあったものを

サングラスを選ぶときに、デザインだけで選んでいませんか?

サングラスは、実際に自分の顔にきちんと

フィットするかが重要になってきます。

例えば、自分のサイズより少し小さいものを選んでしまうと

短時間ならいいのですが、長時間になると窮屈になり

疲れてしまいます。

そのため、途中で外して目から入る紫外線を防止することが

困難になります。

逆に、大きいのもサングラスと顔の間に隙間が出来てしまいます。

隙間ができてしまうことにより

サングラスを通してではなく

隙間から見たりすることもあり、紫外線の影響を受けてしまうので

ご注意を!

最後に・・・

サングラスは紫外線の強い春~夏にかけてのイメージが多いですが

冬は雪などによる照り返しも紫外線を多く浴びています。

「雪やけ」という言葉もあるように

スキー場や雪が多く降る場所などでは

冬の紫外線対策も気をつけたいものです。